マルチ商法(ネットワークビジネス)の誘い文句50選|ジョーくんの経済学講座

経済

副業をするなら身バレしない無料ブログが安心安全【PR】

  1. 高収入の約束: あなたも簡単に高収入を得ることができると言われる。
  2. 秘密の情報: 他の人は知らない特別な情報や方法を共有すると言われる。
  3. 急を要する: 今すぐ決断しないと、チャンスを逃すとプレッシャーをかけられる。
  4. 成功者の証言: 実際に成功している人々の話や、豪華な生活をしている人の写真やビデオを見せられる。
  5. 無料セミナーへの招待: ビジネスの詳細を知るためにはセミナーに参加する必要があると言われる。
  6. 友人や知人からの紹介: 信頼する友人や知人からの紹介であるため、警戒心が薄れることがある。
  7. 投資が必要: 初期費用や教材購入など、ある程度の投資が必要だと言われる。
  8. 独占的な製品: 他にはない特別な製品やサービスを取り扱っているとアピールされる。
  9. 人脈重視: 友人や家族を紹介することで報酬が得られると言われる。
  10. 過度な楽観主義: リスクや失敗の可能性については触れられず、成功のみが強調される。
  11. 感情的なアピール: 個人の夢や希望、将来への不安などの感情に訴える。
  12. 限定的なオファー: 「限定数」や「限定時間」など、ある期間や数に限定してオファーされる。
  13. 過度なフレンドリーさ: 急に親しげに接してくる、または過度に丁寧に接する。
  14. 明確な情報の不提供: どうやって収益が得られるのか、具体的なビジネスモデルが曖昧。
  15. 試用やサンプルを押し付け: 無料で製品を手に入れることができるが、後で販売員からのセールス圧力が強まる。
  16. 受賞歴や資格のアピール: 賞を受賞した、特定の資格を持っているなどのアピールで信用を得ようとする。
  17. 外部の信頼性を引き合いに: 有名な著名人や専門家が推薦している、メディアで取り上げられたなどのアピール。
  18. 報酬の連鎖: 人を紹介することで得られる報酬が、さらにその人が紹介する人数にもリンクしているという説明。
  19. 契約や書類の曖昧さ: 契約内容や書類が不明瞭で、細かい文字や条項で重要な情報が隠されている。
  20. 過去の失敗経験を美化: 失敗した過去のビジネスも経験として価値があるとアピールして、新しいビジネスモデルの信頼性を強調する。
  21. オンライン評判の操作: ネット上には良い評価や成功談ばかりが目立ち、悪評や失敗談は見当たらない。
  22. 個人的な関係を利用: 既存の友情や親戚関係を利用して、断りにくい状況を作り出す。
  23. 特別感の演出: 限られた人だけに提供されるチャンスや、選ばれた人であるとの感覚を強調する。
  24. 退会の難しさ: 一度参加すると、退会するのが難しくなるようなシステムや契約になっている。
  25. 大量の情報提供: 一度に大量の情報や文書を提供し、混乱や圧倒させる。
  26. 先行投資の必要性: まず自分が製品を購入することで、後での大きな利益を得られるとの主張。
  27. 競合他社の悪口: 他の会社や製品の悪評を流して、自社の製品やビジネスモデルの優越性をアピールする。
  28. 非公開の集まりやパーティー: クローズドな環境でのセミナーやパーティーに招待し、外部の目を避ける。
  29. 偽の科学的根拠: 製品の効果について、偽の研究や専門家の意見を引き合いに出す。
  30. 物理的なプレゼンスの欠如: 会社の具体的なオフィスや店舗が存在しない、あるいは一時的なレンタルスペースのみで活動している。
  31. 後払いの誘惑: 最初は無料や格安でサービスを受け取ることができ、後で高額な請求が来る。
  32. 未経験者へのアピール: 経験やスキルが不要で誰でもできるとの主張。
  33. 疑問への回答の避け: 直接的な疑問や懸念に対して、明確な答えを避けたり、曖昧な回答をする。
  34. 推薦者の利益の隠蔽: 紹介者や推薦者が紹介料や報酬を受け取ることを隠蔽する。
  35. 資料や証明書の偽造: 偽の資格、認定書、受賞歴などを見せることで信用を得ようとする。
  36. 強引なセールス: 断ると再三連絡が来る、または物理的な場所に誘い出す。
  37. 小さな成功体験の提供: 初めに小さな利益や成功体験を得らせることで、大きな投資やコミットメントを促す。
  38. 社会的証明の演出: 多くの人がすでに参加しており、大成功しているとの証拠や写真、映像を見せる。
  39. 保証や返金制度の誤解: 保証や返金があるとの説明を受けるが、実際には多くの制約や条件がある。
  40. 予期せぬ利益の提示: 意図せず受け取った利益(商品や金)を理由に、後で返済や参加を求められる。
  41. 「時間限定」のプレッシャー: 「このオファーは今日限り!」といった方法で急かす。
  42. 過度な連絡: 電話、メール、SNSなどでの過度な連絡で、断りにくい状況を作り出す。
  43. VIP待遇の魅力: 特定のグループや上位メンバーだけの特典や待遇を強調し、その地位を目指させる。
  44. トライアルや体験談の誘引: 一時的な無料体験や試用期間を通じて、本契約や高額なプランへの移行を促す。
  45. 経済的困難を利用: 個人の経済的な困難や苦境を利用して、その解決策として自らのサービスやビジネスを提案する。
  46. 合同セミナーや勉強会の開催: 複数の関連する事業や企業と合同でセミナーを開催し、信頼性や大きさをアピールする。
  47. 過去の成功談の強調: 以前の成功したプロジェクトやビジネスの事例を強調して、現在のプロジェクトの信頼性をアップさせる。
  48. 団体や協会の名前を利用: 実際には関連性が薄いか、存在しない団体や協会の名前を出して信頼性を装う。
  49. サプライズ要素の提供: 期待外れの商品やサービスを提供した後、追加の費用で本当に欲しいものを手に入れられると提案する。
  50. 成功への道のりを単純化: 実際には複雑なプロセスや努力が必要なビジネスでも、簡単に成功できるという印象を与える。

副業をするなら身バレしない無料ブログが安心安全【PR】

タイトルとURLをコピーしました